おなら 臭い 便秘

便秘が長引くとおならが臭くなります

おならの中でも特に悪臭の強いおならは、音がしなくても
周囲にバレやすく、また結構な迷惑をかけてしまいます。

 

特に食事時とかは最悪ですし、エレベーターや満員電車など
人ごみの多い所で悪臭のある放屁をしてしまうのは、本当に困りものです。

 

ところでおならの臭いにも、いろいろな種類があります。

 

少し臭いがしてもすぐに消えてしまうものから、
強烈な悪臭がある上に後々臭いがしみついているものまで、多種多様です。

 

ではおならの臭いは、どのような原因や種類があるのでしょうか?
おならの臭いについて、語っていきたいと思います。

 

下痢の時のおならの臭いとは?

下痢の時には腸内から悪玉菌と共に腐敗した食べかすや
ばい菌などが流されて、おならの臭いはあまりしないと思われがちです。

 

下剤などは腸内の毒素を出す目的で処方されます.
おならの臭いのもとも毒素といっしょに排出されると考えられているようです。

 

ところが下痢はもともと悪玉菌が腸内に増えている状態です。

 

水分調整がうまくいかずに水溶性の便が出てしまう症状ですので、
腸内環境は決して良くないのです。

 

腸内が健康でないとおならの臭いが発生します。

 

下痢の時のおならの臭いの特徴は、腸内で完全に消化されていない
食べ物や消化酵素の臭い、そして便の臭いが入り混じった独特の異臭がします。

 

臭いをかぐと気持ち悪くなり「背中を逆なでされるよう」と形容されたりもします。

 

ところで下痢の時におならがしたくなった場合は、
必ず、トイレに行くようにしましょう。

 

そうしないと、取り返しのつかないことになってしまいますので要注意を。

 

便秘の時のおならの臭いとは?

反対に便秘の時のおならの臭いって、どんな臭いなのでしょうか?

 

それはそれは、強烈な臭いです!

 

腸内に便とともに長期滞在しているガスは、
食べ物が腐敗して腸内異常発酵を起こすことで発生します。

 

するとアンモニアやインドール、硫化水素といったクサイ臭いの
原因である有害物質が腸内に充満し、腐敗臭となって発生します。

 

それがおならとして出てくるのです。

 

食べ物が腐ると異臭を放ちますが、
それが腸内で発生しておならとして出てきます。

 

便秘の時のおならは、まるで卵が腐ったような臭いで、
しかも放屁した後はなかなか消臭されない困りものです。

 

トイレでこっそり放屁しても、人に気づかれてしまうので余計に厄介です。

 

おならの臭いと口臭との関係って?

最近いろいろな有効成分を配合した、口臭を消す歯磨きやマウスウォッシュなどが
登場していますが、それを使ってもなかなか消すことができない口臭があります。

 

実はこのような口臭には、あるものと非常に密接な関係があります。

 

そのあるものとは、ズバリ!おならの臭いです。

 

人前では、おならはできるだけ我慢する人がほとんどだと思います。

 

ところがおならを我慢していると、いつの間にか
おならがしたくなくなることってありませんか?

 

あぁ、やり過ごせたと安堵したのもつかの間、実はおならの臭いが
お尻ではなくお口から発生しているのです。

 

おならはある程度我慢すると、肺や吐息から出ていくようになっています。

 

腸内環境が悪いと、おならが臭くなりますが、
その臭いが口臭にダイレクトに出てしまっているのです。

 

おならの臭いも気になりますが、口臭の臭いも気になるものです。

 

エチケットのためにもお腹に優しい食生活と
生活習慣を心掛ける必要があります。

 

ガスだまりの原因と解消法!!腹痛の症状について

 

ガスだまりは、食事のときに空気も一緒に呑み込んでしまう方や
炭酸飲料を好む方がなりやすいです。

 

今回はガスだまりについて紹介をします。

 

ちなみに、食事や呼吸で空気も一緒に
呑み込んでしまうのは呑気病っといいう病気です。

 

ガスだまりの原因

ガスたまりの原因は、、、

 

  • ガスが出にくい
  • 悪玉菌が増える

 

この2つが原因です。

 

ガスが出にくい

ガスが出にくい原因は、、、、

 

  • 長時間のデスクワーク
  • おならを我慢する
  • おなかの働きが弱い

 

この3つが考えられます。

 

長時間のデスクワークは、座っている姿勢が腸を圧迫して、
おなかの働きを低下させてガスを排出しにくくなります。

 

また、おならを我慢することも腸の働きを鈍くしガスがたまります。

 

悪玉菌が増える

悪玉菌が増えるとガスの発生が増えます。

 

悪玉菌が増えるには、、、

 

  • 悪玉菌のエサとなる食べ物を多く食べる
  • ストレスをためる

 

悪玉菌のエサとなる食品を多く摂るとガスだまりをしやすいです。

 

悪玉菌のエサとなる食品は、高タンパクで高脂肪の食べ物です。
※高タンパクで高脂肪の食べ物=肉、ケーキ

 

また、消化不良する食品も悪玉菌が増えます。
相性の悪い食べ物は避けましょう。

 

ストレスがたまると、腸の働きが悪くなり
腸内環境のバランスが悪くなり悪玉菌が増加します。

 

悪玉菌はガスがたまるだけではなく、臭いも発生するので
「おならが臭くなります!!」

 

ガスだまりの症状

ガスだまりの症状を紹介します。

 

この症状はセルフチェクになるので覚えておきましょう。

 

  • おなかにハリがある
  • おなかが重く痛みがある
  • 圧迫感がある
  • おならがよくでる

 

ガスがたまると、腸の働きが悪くなり
おならが出にくくなりどんどんガスをためこんでしまいます。

 

ガス溜まりの解消方法

ガスだまりを解消するには、おなかの働きを改善するといいです。

 

はたらきを改善するには、、、

 

  • 食事
  • 運動
  • 生活習慣の見直し

 

この3つが大切です。

 

食事

空気を体内に入れないように心がける。

 

善玉菌を増やす食品(ヨーグルト、発酵食品)や適度な食物繊維を食べましょう。
また、悪玉菌が増える肉やケーキなど高タンパクや高脂肪の食品は避けましょう。

 

運動

適度な運動とストレッチをすればOKです。

 

生活習慣の見直し

ストレスが原因でガスたまりをする人もいます。
ストレスが溜まらないように、睡眠の時間と質や食生活を見直しましょう。

 

おならは体臭を臭くします。

おならを我慢して溜め込むと、血液に溶け込み最終的には、
体臭や口臭となって体から放出します。